マウス疲れには軽量マウス/トラックボール/パームレスト

PCデスクで寝る猫写真 PC

マウスを使うことで起こる疲れ、手首の痛み、腱鞘炎などは軽いマウスか、トラックボールパームレストを使えばだいたい解決します。

マウスを長時間使っていたら手首が疲れてきてそれ以上マウスを使うことができなくなったことはありませんか?

痛みや疲れのせいでせっかくやろうと思っていた作業が止まったり、ゲームなどを楽しめなくなってしまってはもったいないです。

思い立ったが吉日、何年も使えるものですから、ちょっといいアイテムで痛みや疲れ知れずの快適なPCライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

無理は禁物

まずは手首や腕が痛くなってきたら作業を休むことをおすすめします。

無理して作業を続けると手首や腕を痛めてしまい、最悪の場合、一生痛みが残るような怪我につながってしまう恐れがあるからです。

ずっと休み続けることが無理なら少しずつ休憩をはさむなど意識してみてください。

長期的な作戦としては手首や腕の筋肉を鍛えてみてもいいかもしれません。(もちろん普段のマウス使用で痛みが出ない状態になってから筋トレするようにしてください)

長く使うならトラックボールにチャレンジしたい

トラックボール型のマウスならマウス本体を動かす必要がないので手首や腕にかかるストレスが段違いに軽くなります

置きく場所も取らず狭いところに置けるのも魅力です。

大きく分けるとボールを親指で動かすタイプ人差し指・手のひらで動かすタイプの2種類あります。

親指タイプは親指に負担が集中するので、力を分散させたいなら人差し指タイプのほうが楽になります。

人差し指・手のひらタイプはボールの周りにホイールがついているものがあります。

中にはホイールがないタイプもあるので注意してください。

あとはボールの重さや使うときの手首の角度(ボール設置位置)などが判断の基準になります。

使い道は限られますが仕事のプレゼンや自宅で寝転がって使えるハンディータイプもあります。

便利そうなトラックボールですがデメリットもあります。

細かい操作やドッグようのやクリックしながらの操作、画面は端から端などへの長距離移動は少しやりにくいです。

細かい作業にも向いていないのでデザイナーやゲーマーのような繊細な操作が必要な人にも少し難があります。

とはいえ、それも使っていれば慣れるのと、軽さには代えがたいというのがトラックボールユーザーの意見にありました。

多くの人にとってはたぶん致命的な問題にはならないと思います。

疲れにくい手首の角度

キーボードは奥の方を高くしたほうが使いやすいので高くする機能(足、爪、チルトスタンド)がついているものが多いです。

ですが、最近の研究ではこれは逆効果で本当は奥のほうが下に下がっているほうが手首にいいことが分かっています。

これは人の体の構造上、手首は腕よりも下に傾けたほうが楽だというのがあり根拠となっています。

実はあの足キートップに書かれた文字を見やすくためものものなのでブラインドタッチができる人には必要ありません。

参考 「手首が疲れない」は気のせい! キーボードに角度を付けるあの小さな足が必要な「本当の理由」 ライフハッカー[日本版]

キーボードの足を上げて高くしてしまうと手首が上に曲がりますが、この状態が手首に負担をかけてしまうのです。

たかしにあまり上に曲げすぎると疲れてしまいますね。

キーボードは足を使わないようにして、さらにパームレストで手首の位置を高くすると疲れにくくなります。

トラックボール選びでも手首があまり上に曲がらないまま使えるもののほうが人の体には優しいです。

その割に気にしない人は相変わらず手首を上に曲げて使っているので、それほど大きな違いはないのかもしれません。

ですが、せっかくですからトラックボール選びの基準としても意識してみてください。

パームレストのすすめ

もしかするとパームレストだけで手首の痛みが解決してしまう人もいるかもしれません。

キーボード用だけでなくマウス用のパームレストもあります。

マウスは手首を下の付けてそこを軸に操作する人が多いと思いますので、その支点が高くなり手首への負担を減らします。

せっかくなのでマウス・キーワード両方のパームレストを試してみるのも面白いと思います。

マウスのせいかいと思っていたら本当の原因はキーボードだった、なんて人もいるかもしれません。

参考 PC作業の救世主! 手首が劇的にラクになる“パームレスト”7種を使い比べ – 価格.comマガジン

とりあえず無難に軽いマウス

いきなりトラックボールを使ってもいいのですが、トラックボールは操作に慣れが必要なので使うには少し勇気がいります。

使っていれば慣れますが、慣れても少し使いにくいという人もいるだろうと思います。

ちょっと不安だ、失敗したくないという人には重さの軽いマウスがおすすめです。

今、PCデバイスを選ぶならゲーミングシリーズがおすすめです。

ゲーム向けの丈夫で高性能なものが多く超高価なものが目立っていますが、普通にお手頃価格なものもあります。

お手頃価格で軽いものを探しましょう。

無難な大人の選択ですね。

参考

軽量ゲーミングマウス全12種を比較【全て実機レビュー有り】 DPQP

Amazon.co.jp cooler master mm710

おまけ 高速ホイールマウス

個人的にはスクロールが早い高速ホイールマウスがおすすめです。

ロジクールの高速ホイールの中で軽いものがベターな感じがします。

キーボードのPageUp/Downキーでページ送りできるので高速スクロールに近いこともできますが、PageUp/Downキーに対応していなアプリやウェブシステムもあります。

そんなときでも高速ホイールがあれば快適にスクロールできます。

「マウスでスクロールバーを動かせばいいじゃないか」という人はそれでもいいのでそうしてください。

ですが、高速ホイールのほうがそのまま快適にスクールできるので操作が早いです。(スクロールする量にもよりますが)

トラックボールでも高速ホイール付きのものがあります。

ただし親指タイプ用しかないようなので人差し指・手のひらタイプのも開発されるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました