【ブログ】ノウハウコレクション 全138選 ランキング【SEO】

tools ASPアフィリの基本
(ブログおすすめ記事:そろそろ有料テーマを使う?)

ノウハウは次のうち手を決めるカードのようなものです。たくさん知っていたほうが有利に決まっています。

目的に合ったものをうまく使い分けていきましょう。そのためにはノウハウを先に知っておかないといけません。

「ノウハウコレクターになるな」とよく言いますが、これは知ってるだけで使わないなら意味がないという忠告にすぎません。

ノウハウが悪いとは誰も言ってません。うまく使えていないことがよくないだけです。

たくさんのノウハウを知っておけば多くのカードからベストな一枚を選ぶような的確なブログ作成ができるようになります。

この記事ではブロガーのうち手を増やすノウハウの数々をランキング形式で紹介します。

ノウハウは使われる日を待ってるにゃ

スポンサーリンク

ブログ ノウハウランキング

  1. 結果が出なくてもブログ作業を習慣化して改善を続ける [Biz]
    結果は忘れたころに出る、最低半年はかかるのがブログの世界。これを勘違いして結果が実感できず開始半年で半分の人が挫折してしまう。調査/記事作成/スキルアップをメインにそれぞれの改善を継続できないと収益化は厳しい。自分が納得できる目的を決め、作業が習慣化できれば開始ストレスが減り作業も最適化しやすくなるので習慣化を目指すべき。(補足:逆に趣味や楽しみは習慣化すると快感をえにくくなるので変化やランダム性を持たせるべき)2023/1/16
     
  2. 作業の効果的な優先順を分析 [Biz]
    効果的な優先順を判断することこそがブログスキルそのものなので初心者には難しい。だが、今、何をすべきか、次は何を目指すべきか、大目標は何なのかなどを把握して作業の的確な優先順位を判断できることを目指すべき。記事の品質アップとSEOで力を入れるバランスは難しいがよりよい状態を目指すべき。2023/1/16
    優先度を考えて仮説と検証を繰り返す、でも挫折しそうなときは
     
  3. 試行回数を増やすのが成功の秘訣 [Biz]
    ビジネス一般の成功率は1割、この確率で勝つにはチャレンジ回数を増やすのが最善策。スモールビジネスであるブログも同じ。失敗しても平均5ブログ回までにはうまくいく、ダメでも10ブログ作るまでにはうまくいくはず。改善しながら何回もチャレンジし続けよう。2023/1/16
     
  4. TTP/先人を見習う [Mind]
    理想の成功者や次の目標レベルにいる人を探して見習うと効率がいい。完成品のコピーではなくやり方や考え方をうまくいっている人から学ぶ。勘でオリジナリティを出すのは記事が検索上位に上がった後でよい。TTPこと「徹底的にパクる」戦略が他人のコピーをしてもよいと間違って解釈されているが、もちろんコピーはNG。裁判で訴えられる恐れがあるほど危ない。単語だけ書き換えた程度のリライト記事もNG。2023/1/16
     
  5. ユーザーファーストが本質 [Biz]
    読者の期待を上回る役立つブログを目指すべき。ユーザーファーストレベルを上げてライバルに勝てれば必ず収益化できる。ひとつひとつの記事で検索意図に応えるべきだが、その先の大目標がユーザーファーストなブログであることを忘れてはいけない。収益は結果のひとつにすぎない。2023/1/16
     
  6. E-E-A-T(ダブルイーエーティー) [SEO]
    SEO では経験/専門性/権威性/信頼性が重視されるので高める。まずは嘘を書かない信頼性を、次に詳しく書いて専門性を、最後に SNS や人脈も使って権威性を高めるのがおすすめ。Google が2022/12/15に検索品質評価ガイドラインを更新しEATにE(経験)が追加された。実務経験やレビューなど経験/体験情報の評価が上がっている模様。2023/1/16
     
  7. 興味/共感を呼ぶ記事タイトルにする [Writing]
    検索上位でもクリックされなければ意味がない。興味を引くか共感をえるとクリックされやすくなる。そのためにはコピーライティングスキルを高めるといい。2023/1/16
     
  8. 市場規模5000憶から14兆円のジャンルが狙い目 [Marketing]
    市場規模大きすぎるジャンルはYMYL制限や組織力が必要になるので狙いにくい。逆に市場規模が小さいと需要が少なくて稼ぎにくい。特にアドバンテージがなければこのあたりが狙い目。2023/1/16
    参考 市場規模マップ visualizing.info
     
  9. これから伸びる市場が理想 [Marketing]
    市場規模の拡大とともに爆発的な収益拡大のチャンスがあるので成長市場に早く参入するのが理想。予想が難しいのが難点。2023/1/16
     
  10. 悩みを解決する商品サービスを紹介 [Biz]
    悩みを解決するものは需要が高く売りやすい。(購買までの距離が近い) 2023/1/16
     
  11. 記事タイトルは検索意図に応える [SEO]
    タイトルから連想される記事内容にすべき。2023/1/16
     
  12. YMYL [SEO]
    お金/健康/人生に関わるテーマは高い専門性がないと上位表示されないのでさける。最低限プロでないと勝負にならないジャンルがあるので勝てない戦いをしない。2023/1/16
     
  13. 特化ブログが有利 [SEO]
    ユーザーファーストやSEO評価で専門性や信頼性が重視されることからブログの内容はせまい範囲のジャンルに特化したほうが有利になる。あれこれ書いてしまう雑記ブログでは1記事がバズッても次につながりにくい、バズ記事をメインにした特化ブログに変えてしまったほうが評価が上がりやすい。2023/1/16
     
  14. 商標ブログ/記事は相変わらず強い [SEO]
    商標ブログはひとつまたは少数の商品サービスに特化したスモールブログ(サイト形式でもよい)。
    その商品サービスに需要がある限りはユーザーニーズに応えておりSEO的にも強い。商標でも単価が高いなら大勝するチャンスはあるものの、基本的には細く長く収益を上げる戦略に向いている。2023/1/16
     
  15. 記事の更新を続け検索順位を上げる [SEO]
    検索結果上位でない記事はほぼアクセスされない(ジャンルにもよる)。記事は更新を重ねて順位を上げていくもの。2023/1/16
     
  16. 上位が狙えるキーワード選定 [SEO]
    検索者が多いが自分でも検索順位を上げられるクエリ(キーワードセット)を探して攻める。勝てそうにないクエリはスルーか後回しでよい。2023/1/16
     
  17. サチコで狙うクエリを調整 [SEO]
    狙ったキーワード以外が検索されていることがあり、順位も高いことがある。最初の狙いにこだわらず実際の検索ニーズに応えていくべき。2023/1/16
     
  18. 検索順位は把握すべき [SEO]
    記事のテスト結果がSEO評価となる検索順位。順位を確認せずに勘で作業を続けるべきではない。記事をピンポイントで調べられるサチコ、大量の記事の順位変化を終えるGRCなどの検索順位チェックツールは必須。2023/1/16
     
  19. 毎回サチコでインデックス申請 [SEO]
    最初は記事を公開しても更新しても Google クローラーがチェックせずに検索結果に反映されにくい。そのため記事の公開/更新後は自分で申請を出すのが無難。検索結果に表示される記事タイトルなどが古い場合もクローラーがチェックしていない可能性が高いので申請すべき。インデックスされているかはサチコで確認できる。2023/1/16
     
  20. 失敗からしか学べない [Mind]
    成功は自分の力や状況で起こり、失敗は力不足で起こる。人が学び成長できるのは失敗したときだけという教訓。それだけ失敗には価値があるので実験などとしてポジティブにとらえるべき。2023/1/28
     
  21. 被リンク獲得 [SEO]
    被リンクのSEO効果は高い。ひとつでも被リンクが増えるよう努力すべき。相互リンクより一方的なリンクのほうが効果が高い。自分の別ブログなどからの過剰なリンクはNG(記事に必要性のあるリンクなら問題ないはず、また1サイト1リンクしか効果がない)。2023/1/16
     
  22. ライバル調査/確認 [SEO]
    SEO の答えは検索上位にすでに出ている。上位記事の内容を確認して自己分析し次の対策に活かすべき。2023/1/16
     
  23. ライバルサイト(ドメイン)の確認 [SEO]
    YMYLや大企業優遇などの度合いを確認して勝てるクエリか考える。勝てそうにないなら別のクエリやジャンルを探すべき。2023/1/16
     
  24. 1記事内のテーマも絞る
    まずは検索意図に応えるべきだが、だからといって広く浅くテーマを広げても検索意図に応える記事にはなりにくい。2023/1/16
     
  25. 検索ボリュームをチェック
    案件やCTRにもよるが基本的には一定以上の検索ボリュームがない記事はそもそも見る人がいないのでビジネスにはならない。検索順が1位でも意味がない。説明記事などは除くがメインの成約記事では一定以上の検索ボリュームがあることが必須要件。とはいえ、CTRと単価が高ければ低ボリュームでも利益は出せる。2023/1/16
     
  26. ターゲットとなるペルソナを決める
    全年齢/男女両方に向けた記事は誰の心にも刺さらない中途半端な記事になる。逆に年齢/性別/職業/趣味などを絞った誰かひとりに向けた記事の方が他の人にも刺さりやすくなる。センスのいい誰かを想定するといい。2023/1/16
     
  27. 成長・スキルアップを目指す
    人の能力は固定ではないので成長できるしスキルアップもできる。これを目的に頑張ろう。継続・改善・成長が成功のカギ。
     
  28. だいたい分かったら試す(完璧主義をさける)
    やり方や成功例、リスクなどすべて分かってからやり始めるのが理想だが、実際には情報量が多すぎて全部知ってからやるのはムリ。だいたい分かったら取り入れて試すべき。そうしないと何もできずノウハウコレクターで終わる。2023/1/16
     
  29. 自分の不安を意識しすぎない
    人の心理ははリスクを重視するので不安要素ばかり考えていると何もできない。リスクマネージメントは最悪どうなるかを把握しておくくらいでいいので行動と改善を続けるべき。2023/1/16
     
  30. ノウハウは自分で作り上げる
    他人のノウハウより自分が経験し学んだノウハウのほうが大事。他人のノウハウに頼りすぎてはいけない。責任を取るのは自分。2023/1/16
     
  31. やるのは自分、自己分析が大事
    自分の好みや経験から自分に合ったジャンルを探すべき。YMYL や素人が追いつけないジャンルもあるのでジャンルの難易度も冷静に判断。2023/1/16
     
  32. オリジナリティで差別化
    みなが検索上位記事を参考にすると内容が似てくる。上位を狙うならオリジナリティを出して差別化できるといい。2023/1/16
     
  33. 先に有名になる(自己ブランディング)
    ニッチジャンルに絞って自己ブランディングし、そのジャンルでの有名人や先行者になった方が有利。最初に自分が何者かになって何かの肩書を名乗ったほうがブログもSNSも伸ばしやすい。2023/1/16
     
  34. 読者は「読まない/信じない/行動しない」
    読者がたまたま検索で見つけたブログ記事に対する基本的な態度がこれ。文字装飾や画像・データ表などは興味を持たせるのに有効。2023/1/16
     
  35. 読者の勘は鋭い
    「読まない/信じない/行動しない」の読者でも勘は鋭くユーザーファーストでない記事は信用しないなど厳しい判断を下していると自覚すべき。2023/1/16
     
  36. 一次情報を使う
    レビューならその商品/サービスを自分で使うことでリアルでユーザーにとって価値のある記事が書きやすくなる。自分の職業経験などで自分しか知らないような自分が発信元となる一次情報は価値が高く SEO 効果も高い。2023/1/16
     
  37. 1記事だけ1位を目指す超特化戦略
    半年以上たっても鳴かず飛ばずでブログを辞めたくなってきている初心者が自信を付けるための戦略。サチコでクリックされていて上位が狙えそうな1クエリ1記事だけに絞って検索上位になるまでリライトを繰り返す。検索ボリュームがあって、勝てそうにないライバルがいないクエリを狙うことに注意して最高の記事を目指そう。PV さえ増えればアドセンスで収益ゼロを突破でき、そこを起点に内部リンクからブログ全体の SEO 評価アップも狙える超特化戦略。2023/1/16
     
  38. ネット検索力を高める
    検索は現状確認や記事作成の必須スキル。高めておけば検索だけでライバルが書いていない有益情報をゲットできるようになる。2023/1/16
     
  39. セルフバックでお得にお買い物
    記事に案件リンクを張らなくても登録ASPから案件化されている商品サービスを成約扱いで直接買うことができる。報酬がほぼ確定でもらえるのでお得な割引購入ができる。光回線など高いものほど報酬が高いのでお得、Amazon/楽天などECサイト系はほぼ不可。2023/1/16
     
  40. Webサービスを使いこなす
    キーワード分析やアクセス解析などWebサービスは必須ツールなので役立ちそうなものは使いこなせるようにしておくべき。2023/1/16
     
  41. 関連本を読む
    成約記事に素人の意見は求められていない(口コミや感想/評判なら需要あり)。 読書は専門性を高めるのに有効、攻めるジャンルで人気の本を3~10冊くらい読んで専門性を高めておきたい。専門性を高める方法のひとつ。2023/1/16
     
  42. 人がさける道にチャンスあり
    自分がさけたいことは他の人もさけたいと思っていることが多い。やりやすいことは誰でもやるので差がつかない。人がやりたがらないところのほうがチャンスが眠っている可能性が高い。2023/1/16
     
  43. トレンド感/時代の流れを読む
    次に来るブームに乗るのが理想。そもそも商品サービスの需要は変化していくものなので変化に注目する。どんなに人気商品でもみんなが手に入れて需要が満たされれば需要は減っていく。もっといい商品が出た後も需要がなくなることもある。2023/1/16
     
  44. いい商品や人気商品のほうが売りやすい
    質が悪く人気のない商品を売りまくるようなことはブログ記事では難しい。素直にいい物、人気の物を扱うべき。またテレビCMをしていたり、大企業の商品だと認知度が高く売りやすい。2023/1/16
     
  45. 高額案件をメインにする
    ブログで数百件などの大量の成約を取るのは難しい。そこで数が少なくても儲かる高額案件をメインで狙うことで収益増加を目指すべき。2023/1/16
     
  46. 記事は最後まで読まれない [Writting]
    ヒートマップを入れればわかるが長文になるほど記事を最後まで見ている読者は少ない。1万文字以上の長文記事では1~2割しか最後まで見られていなかったりする。2023/1/16
     
  47. 読み流しでも伝わる記事に [Writting]
    記事はそもそも読み流されることが多いので文字装飾などでメリハリをつけ興味を引くべき。2023/1/16
     
  48. ブルーオーシャン戦略
    ライバルがいないか少ないジャンルを探して攻めるのがいいというビジネス戦略。ブログでも使えるものの、実際には誰も見つけていないブルーオーシャンはほぼない。自分が扱えるジャンルでライバルが少ない案件を狙うのがいいといったくらいの戦略。逆にライバルが多いジャンルはレッドオーシャンといい初心者はさけるべきジャンル。2023/1/16
     
  49. 画像は必須
    画像のある記事のほうがない記事よりもクリックされることが統計的に分かっている。アイキャッチ画像は必ず設定する。画像の質は高くなくてもいいのでなるべくオリジナル画像を使うべき(もちろんすごいGCや写真があればならなおよい)。2023/1/16
     
  50. 画像/グラフ/商品リンクの的確な配置
    説明の補足や読者の購買意欲が高まるタイミングで見せるべき。2023/1/16
     
  51. 面白い文章が理想 [Writting]
    なるべく興味関心をひく面白い文章のほうがよい。2023/1/20
     
  52. 短い文章が理想 [Writting]
    1行目からいかに早く読者をひきつけるかが大事。詳しい説明は親切ではあるが読者に響くのは本質を伝える短い文章。2022/1/16
     
  53. 結論を先に書く(PREP法) [Writting]
    検索ユーザーは答えを求めているので答えのある記事が読まれる。ネット記事は小説ではないので起承転結などは合わない。2023/1/19
     
  54. テーマを絞る [Writting]
    いろいろなテーマを扱うと内容がブレて伝わりにくい文章になるのでさける。2023/1/20
     
  55. 経験/体験談で説得力アップ [Writting]
    よく聞く一般論よりあなただけの経験が読者の興味を引く。2023/1/20
     
  56. 根拠を示す [Writting]
    主張はより信頼性の高い根拠で説得力を高める。2023/1/20
     
  57. デザインも大事 [Writting]
    文字の装飾やサイズ、改行などの見た目の印象も読者に影響を与える。読みにくいデザインはさける。2023/1/20
     
  58. 最初の1文から勝負 [Writting]
    最初の文章が一番読まれる確率が高く、次の文から徐々に減っていく。1文目からどこまで読者の興味を引き続けられるかが勝負のポイント。2023/1/20
     
  59. 比喩で伝わりやすくなる [Writting]
    読者にとって未知のものは伝わりにくいが例え話を出すとグッと伝わりやすくなる。2023/1/20
     
  60. 正しい文章にする [Writting]
    接続詞や言葉の意味は正しく理解し正しく使わないとおかしな文章になる。2023/1/20
     
  61. 案件リンク/ボタンを工夫
    商標記事ならボタンにして目立たせ分かりやすく、ずらしてさりげなくすすめるなら落ち着いた文字リンクにするなど記事に合わせて工夫する。多すぎず少なすぎず記事の流れで読者が商品を欲しくなる所に設置すべき。2023/1/16
     
  62. 優良情報は無料でえられる
    元は有料だった優良もいずれはシェアされみんなに知られるようになる。いい情報ほどシェアされるので結果的に無料になる。2023/1/16
     
  63. ユーザー心理を学ぶ
    真のユーザーファーストや真の検索意図を満たすためユーザーの考え方や行動、心理的側面などを分析す。ペルソナに近い人物のSNSアカウントを追うなどして生活パターンまで理解すればより深く理解できる。2023/1/16
     
  64. 売りたい気持ちを出しすぎない
    「読まない/信じない/行動しない」の3ないが特徴の読者だが、売りつけようとする意図は勘で見破る。ただの売り込み文句は広告扱いされてスルーされるのでユーザーに利益のあるという点を強調すべき。2023/1/16
     
  65. 余計なことは書かない
    記事は検索意図を満たすべき、そこからは離れた情報は求められていない。どうせ読まれないので書くとしても少ない方がいい。インフルエンサーはいかなくてもファンが増えてきたら多少書いてもよい。2023/1/16
     
  66. 文章は短いほうがいい
    なるべく短い文章で的確に伝わるのが良い文章。長い文章は駄文になりがちで内容も伝わりにくく読まれにくい。2023/1/16
     
  67. 高い案件でないともうからない
    ブログで何百件も大量に売るのは難しい。十件程度でも利益が出るように3000円以上などの高めの案件を狙うべき。数がさばけるなら1000円程度でもよいが、それ以下はコスパが悪い。(高収益を実現しにくい) 2023/1/16
     
  68. 画像と見出しでリズムを付ける
    見出しで内容をわけて、見出しの下に画像を表示することで記事にリズムを付けると読みやすくなる。読者があきないよいうにしたり検索体験を高める方法。それほど大きな効果はないので無理に画像を増やす必要はない。2023/1/16
     
  69. ブログ作業から始める
    人が何かを始めると作業興奮が高まりやる気が出てしまいそれをやりすぎてしまう傾向がある。ブログで成功を目指すなら自由時間はブログ関連で優先順位の高い作業からやり始めること。2023/1/20
     
  70. 無料ブログは趣味やテストに使う
    特化ブログにはいらないが書きたい趣味の記事を書いたり、テストに使うなら無料ブログが便利。2023/1/16
     
  71. 無料の案件は成約しやすい
    読者が無料で登録/資料請求/体験/面談するだけで収益が発生する案件もある。成約しやすいので初心者向き。ただし、面談以外は単価が安い。2023/1/16
     
  72. 新着案件が狙い目
    ライバルが少ないので初心者や記事を書くのが早い人のおすすめの戦略。2023/1/21
     
  73. ネームバリューを活用
    テレビCMのある商品、有名人やインフルエンサーがすすめている商品はそれらの社会的信用を引き継げるので成約しやすくなる。2023/1/27
     
  74. 手数で勝負
    記事が書けそうな案件でどんどん記事を書いていく戦略。どの案件を攻めたらいいかわからない初心者や未知のジャンルに参入したときに有効。記事は6割作成の見切り発車でトレンド感を養おう。2023/1/21
     
  75. 楽したい気持ちがダメ
    楽して稼ぎたい人ほど高い情報商材やコンサルにだまされやすい。お金を使うなら本や安価な情報商材/学習サロンなどから試すべき。2023/1/16
     
  76. 高額な情報教材で養分にされる
    人気の学習教材もあり自分が満足できるならいいが、基本的にはASPの客として養分にされている現実も理解すべき。2023/1/16
     
  77. 買っただけで満足しない
    情報商材にしろ学習サロンにしろお金を使ってしまって返金期間を過ぎてしまったらもったいなので有効活用すべき。まったく価値がないものを売っていることはないので学ぶべき点を探して有効活用する。なかにはほぼ価値のないブラックハットテクニックなどもあるが、これは自分の判断力が足りなかったと反省しあきらめるしかない。2023/1/16
     
  78. うまくいかないことをノウハウのせいにしない
    ノウハウは状況に合わせて最適なものを選ぶべきもの。他人からえたノウハウのせいにするのではなく自分の使い方を工夫して自己成長していくべき。2023/1/16
     
  79. 学習ノウハウはセットで学ぶ
    色んな人のノウハウを寄せ集めると抜け漏れが出る恐れがある。メインで参考にする人や本などを次々に変えてしまうのも効率が悪い。人でも本でも学ぶならひとつずつマスターしてから次に進むべき。2023/1/16
     
  80. 購買意欲/購買までの距離に対応
    商品をすぐ買いたい人もいればほぼ興味のない人もいる。すぐ買いたい人には商品リンクを、興味のない人には興味を持ってもらえる情報で顧客教育をするなど対処法を変えるべき。2023/1/16
     
  81. 商品リンクの三段推し
    すぐ欲しい人向けにリード下、本文の推しポイントの直後、最後の3回は商品リンクを表示したほうがいい。基本は読者ニーズ(購買意欲)の高まった後。2023/1/16
     
  82. ライティングスキルを磨く
    ブログは文章を書くビジネスなのでライティングスキルは重要、意識して学ぶべき。SEO/Web/セールスライティングなどがある。2023/1/16
       
  83. 男女の心理の違いをふまえる
    男女で心理傾向が違うので案件によってはどちらターゲットするか絞るべき。たとえば家庭用の食品/日用品などは主婦である女性に買う決定権があるので女性向けにすべき。2023/1/16
     
  84. セールス/ビジネス系心理学を学ぶ
    抽象的に分析されているので学んでおくと迷いが出た時の判断材料になる。低報酬の状態ではあまり関係ないので基本後回しでよい。2023/1/16
     
  85. WordPressプラグインを設定
    PV が増えるまではあまり関係ないがバックアップやコンタクトフォームなどほぼ必須のプラグインもあるので最低限は入れておくべき。PVが1000などと増えてきたら最適なプラグインを探す。2023/1/16
    WordPressに入れておきたいプラグインランキング
     
  86. 生産性/作業効率を上げる
    ブログ作業の習慣化に成功してもくもくと作業を続けられるようになった後は生産性/作業効率を上げることを意識すべき。生産性/作業効率を上げるには個々の作業効率を上げる方法と、収益全体のアップに影響が大きい作業に注力する方法がある。早起きして朝の時間の有効活用、隙間時間の活用、ポモドーロテクニック、エッセンシャル思考などいろいろなテクニックやマインドがあるので自分に合ったものを取り入れて効率を上げていく。2023/1/16
     
  87. まとめ記事から書き始める
    ブログ全体や各テーマのまとめ記事を先に書くことで説明の流れや記事のつながりがよくなり、記事の要不要も判断しやすくなる。2023/1/16
     
  88. 自分のブログを自分で使う
    記事を書くばかりで自分のブログを見ておかないと内部リンクのつながりが悪かったり、参考リンクがおかしかったりする。ユーザー目線で自分のブログチェックしながら最適化すべき。2023/1/16
     
  89. 文字数はライバルに合わせるか1200文字以上 [SEO]
    基本的には検索上位10記事の文字数の平均が目安。最低1000文字くらいないとSEO評価が低いので念のため1200文字以上推奨。最大は2万文字が目安。2023/1/27
     
  90. チェックリストを活用 [Work]
    人の記憶には限界があるので必要なタスクや手順が分かってきたらリスト化してそれをブラッシュアップしていく。調査/記事作成/記事公開/記事更新/定期更新などは各記事で共通のタスクになるのでリスト化に向いている。案件の提携申請も承認まで何日もかかることがあるのでリスト化して管理するとチェックもれが防げる。2023/1/27
     
  91. 使うASPは絞るべき [ASP]
    成約の実績が増えるとASPからの自分の評価が上がりサービスがよくなったり、特別単価をもらいやすくなる。ASPを分散させてしまうとそれらの恩恵が受けにくくなる。2023/1/16
     
  92. 特別単価を狙え [ASP]
    案件の通常報酬の他にASP経由で広告主との交渉に成功すると特別な高単価の報酬を得られる。
    月10~20件程度の成約でもチャンスがある。2023/1/16
     
  93. 時期で需要が変わる [Biz]
    売れる時期には売れるが、売れない時期には全然売れないものもある。年末年始/新年度/新学期/夏休みなどの時期やクリスマスなどの年中行事で案件の需要が変わる案件がある。自分の案件がどのくらい時期やイベントに影響されるか踏まえた上で月毎の変化を評価すべき。2023/1/16
     
  94. 提携できない案件もある [Blog]
    方法を調べてもASP担当に相談してもすぐに提携できない商品/サービス案件がある。一旦あきあめるしかない。別案件を使ったほうが早いが、期間を空けたり記事/ブログの質を上げるなどして再申請してもよい。2023/1/27
     
  95. 客観的な数字で判断 [Biz]
    検索順位やPV、CTR/CVR などの数字が客観的に比較できるのでこれを基準に施策の効果を判断するといい。たまたま売れた案件にこだわり続けたりはしなほうがいい。2023/1/16
     
  96. マーケティングスキルを磨く [Study]
    マーケティングはビジネス全般に関わる戦略関連のスキル。ブロガーなら無意識にをしいてるが意識的に学ぶことでさらに高められる。本や情報は範囲が広くきりがないので時間を使いすぎないように注意。低収入時はあまり関係ないので後回しで良い。2023/1/16
     
  97. 音楽は生産性を下げる [Work]
    残念なことに音楽を聴きながらだと作業の集中力や効率が下がることが実験で明らかになっている。ラジオ/動画などはさらに悪い。質の求められる作業では何も聴かないほうが生産性が高まる。単純作業/騒音防止/飽き防止なら聞いてもよい。聞くなら歌詞のないBGMや自然音などがよい。騒音防止なら耳栓もよい。
     
  98. 生産性だけを追うと挫折しやすくなる [Mind]
    人は頑張りすぎるとサボりたく心理傾向がある。使える時間のすべてをつぎ込んで結果が出ればいいが、出ないと止めたくなるので趣味や休憩も意識的にとるべき。2023/1/27
     
  99. 効率だけを追ってもうまくいかない [Blog]
    一見、効率の悪そうなことでも収益に貢献することがある。バランスが大切。2023/1/16
     
  100. 有料テーマは精神安定剤 [WordPress]
    無料テーマでも稼げる人は稼げる。稼ぐのに必要なのはブログのトータルスキルであってテーマのデザイン性だけではない。とはいえ、稼げるようになるまでは無料テーマコンプレックスがつきまとうので先に有料テーマを買ってしまってもよい。有料テーマにしただけでは稼げないことを理解してスキルアップにはげむべき。2023/1/16
     
  101. まずは100記事書く [Blog]
    低品質記事が100記事あっても価値は出ない。ちゃんと改善と成長ができていればスキルアップできるのでよい。低品質記事はブログ全体の評価を下げるため少数精鋭か noindex 推奨。2023/1/16
     
  102. ブログのPVを把握
    検索順位のようにPVも把握しておくべき。PV 数で有効な対策が変わるため。2023/1/16
     
  103. Googleアドセンスはもうからない
    1万円かせぐのに3~5万PV必要。クリック広告は PV 依存で収益は安定するが単価が安くもうからない。PV を増やすのが得意な人以外は後回しにすべき。2023/1/16
     
  104. AMAZON/楽天などのECサイト系はもうからない
    単価が安いので数万PVはないとあまりもうからない。PV を増やすのが得意な人向け。それ以外の人は後回しにすべき。2023/1/16
     
  105. 週1回は更新したい(更新停止はマイナス評価) [SEO]
    ブログは週1~2回は更新(新記事公開やリライト)したほうがいいと見られている。放置ブログでなければせめて月1回は更新すべき。2023/1/16
     
  106. メタタグのディスクリプションを意識 [SEO]
    検索結果のタイトル下に表示されることが多いのがメタディスクリプション(表示されないこともある)。検索順位を上げればここまでは読まれる確率が高い。書かなくても検索エンジンが自動で表示するが、自分で適切なものを書いた方が効果的。2023/1/16
     
  107. 雑記ブログはあまりもうからない [SEO]
    ひとつくらい自由に書けるブログを持っておいてもよいが、大きな利益は上げにくい。Google がブログ作者の職業や趣味などの属性を分類して評価しているとみられているのでメインの記事と関係ないジャンルの記事の評価が上がりにくくなっている影響が考えられる。特化ブログと違い読者のリピート率(ブログ自体の評価)も上げにくい。2023/1/16
     
  108. 相互リンクを増やす [SEO]
    SEO 効果は薄いがないよりはマシなので増やしてもいい。比較的増やしやすいのが特徴。被リンク戦略のひとつ。2023/1/16
     
  109. Googleアルゴリズムを理解 [SEO]
    Googleが指標を公開しているので目を通しておく。すぐに順位アップするようなものではないが評価ダウンをさける禁止事項には注目しておく。情報量が多いので少しずつ確認すればよい。2023/1/16
     
  110. Google関連キーワードもカバーすべき [SEO]
    タイトルに入れられなかったキーワードの類語や関連キーワード(サジェスト)を記事内でカバーしておくと検索されるチャンスが増える。アプデなどで変わるので定期的にチェックすべき。2023/1/16
  111. 検索エンジン、Googleアルゴリズムの画像
  112. 類義語もカバーすべき [SEO]
    狙う検索キーワードの類義語を記事内で使うことでカバーしておくと検索されやすくなる。2023/1/16
     
  113. 「他の人はこちらも質問」でユーザーニーズを予想 [SEO]
    Google検索結果に表示されたものは把握しておくべき。2023/1/16
     
  114. Googleアプデに注意 [SEO]
    Googleが検索結果を決定するためのプログラムをGoogleアルゴリズムと呼び、これが定期的に変わるのがGoogleアップデート(通称アプデ)。あまり大きな変化は起こらなくなりつつあるが、たまに大きな変化があるので順位が大きく下がったときや3ヵ月に一度などチェックしておくべき。
    アプデで順位が下がるとあわてて対処したくなるが順位を戻すのは難しい。次のアプデまで放置して別ブログの作業を進めてもよい。2023/1/16
     
  115. 書いたまま放置はダメ(鮮度/新情報優先) [SEO]
    更新が止まったブログは評価が下がる。できれば週1で更新、無理なら3ヵ月以内に更新、それも無理なら放置とあまり変わらない。2023/1/16
     
  116. 低PV記事の下書き/noindex化 [SEO]
    ユーザーの反応が悪い記事を SEO 評価されないようにするとサイト全体の評価がやや上がる。2023/1/16
     
  117. モバイルファースト [SEO]
    ネットはスマホで見ている人が8割くらいなのでデザインや改行などの見た目はスマホ閲覧を基本にする。ジャンルによってはPCで見ている人が多いのでブログジャンルも考慮する。逆にPCユーザーは無視してスマホオンリーのブログ運営も可能。2023/1/16
     
  118. ブログ先行公開 [SEO]
    ブログ開設後3~6ヵ月は検索順位が上がりにくい。公開だけ先にして3~6ヵ月寝かせてから記事を書き始めると順位を早く確認できる。ただし、ドメインだけは後から変えられないのでブログ設計はちゃんとしてからドメインを決めること。2023/1/16
     
  119. 低評価記事をインデックスから外す [SEO]
    低評価記事はブログ全体の SEO 評価を下げるのでnoindexや下書き化するとドメインパワーを底上げできる。2022/12/29
     
  120. canonicalタグで重複ページをなくす [SEO]
    canonical(カノニカル)タグはURLを正規化するもので、ブログでは複数の記事をひとつの記事として扱うのに使う。似た内容の記事が別々に検索結果に入ると評価が分散される(カニバリゼーション[カニバリ])がこれを防げる。SEO的に長い記事を数ページに分けたときに2ページ目以降をトップページ扱いしたり、順位が上がらない記事を他の記事の一部に入れ込むこともできる。(※記事の見た目は変わらない)2023/1/16
     
  121. 表示速度は速い方がいい [SEO]
    クリックから3秒以内に表示されない記事の5割は読まれずに終わることが統計データでわかっている。プラグイン調整や高速レンタルサーバーへのブログ移転など速く表示できる。ただし、速いだけでは順位も PV も増えない足きり要素。2023/1/16
     
  122. 表示チェックは Chrome [SEO]
    Google クローラーが Chrome でチェックしているのでページの表示や動作は Chrome に合わせておくといい。iPhone はサファリがデフォルトでユーザーも多い、iPhone がメインターゲットならサファリに合わせてもよい。ちなみに Google の検索結果はユーザー毎に変わるので検索順位の確認はシークレットモードを使うこと。2023/1/16
     
  123. 無料ブログランキングでも登録したほうがマシ [SEO]
    SEO 効果はほぼないとも言われているが、少しはあるはずだという説もある。やることがないなら登録だけでもしておいたほうがいいとみられている。登録にそれほど時間がかかる訳でもないのでコスパは悪くない作業。2023/1/16
     
  124. メタタグのキーワードにはSEO的な意味はない [SEO]
    SEO ターゲットになる Google 検索エンジンが参考にしていないと公言しているので SEO 的な意味はない。メモとして使うなら自由。将来Googleが参考にするようになったり、他の検索エンジンで参考にしているものがある可能性はある。2023/1/16
     
  125. ドメインパワーは高めたほうがいい [SEO]
    ドメインパワーはドメイン毎の客観的な評価のこと。もちろん高い方がいい。被リンクを増やすと高まりやすい。Google が決めているものはブラックボックスだが他社サービスの測定は参考にできる。結果的に高まるものなのでドメインパワーを上げるために何かをするよりもブログの品質をトータルで上げることを優先すべき2023/1/16
     
  126. 画像遅延読み込みは WordPress に実装 [SEO]
    WordPress5.5 で実装されたのでプラグインは不要。2023/1/19
     
  127. 改行は3行か150文字が目安 [Writting]
    ターゲットがスマホなら3行、PCなら150文字が目安。改行がないと読解ストレスが高まる。2023/1/20
     
  128. 事前準備で品質アップ [Writting]
    関連情報を調べる、試すなどしておくと書きやすくなり品質も上がる。2023/1/20
     
  129. 同じ語尾を続けない [Writting]
    「です/ます」など同じ語尾が続くと単調で稚拙な文章になるのでなるべくさける。2023/1/18
     
  130. デザインスキルを上げる
    ブログは見るものでもあるのでデザインや文字装飾も記事や案件に合ったものにすべき。自分では見た目で判断したとは思わない傾向があるが、人は無意識に見た目の印象に影響されているのでそれなりの効果が見込める。2023/1/16
     
  131. ブログに統一感を持たせる
    デザインや画像、画像に使うフォントなどを統一することでブログ全体に統一感を高め信頼性をためることができる。2023/1/16
     
  132. ブログの損切は難しい
    ひとつの儲かっていないブログにどこまで時間をかけ改善していくべきかの判断は難しい。単に記事数や作業時間が足りないだけなのか、そのジャンルでライバルに勝てそうなのか冷静に分析すべき。基本的には結果が出るには時間がかかるので自分ができることを全部やったなら次のブログを始めるのでよい。ビジネスの勝率は1割なので1ブログでうまくいかなくても、うまくいくまで新しいブログを作り続ければいい。試行回数を増やすのがビジネスの基本。2023/1/16
     
  133. 人間関係も大事
    基本はユーザーファーストで読者を大事にすべき。取引先でもあるASPとも仲良くすべき。家族はもっと大事。2023/1/16
     
  134. SNS でも集客できる
    SEO 以外に Twitter/YouTube/Instagram/TikTok/Facebookなどからも集客できば Google アプデも怖くない。ただし、フォロワー獲得には地道な努力が必要、長期戦略で臨むべき。ジャンルごとにブランディングすると別ブログで使いまわしにくくなり横展開がしにくいのがデメリット。ジャンルに特化するのではなく自己ブランディングして自分のキャラを売りにするインフルエンサー型に向いている戦略。2023/1/16
     
  135. SNS でも集客できる
    Twitter などにリンクを張ってよい案件がある。記事を書かずにリンクを張れるので楽。Twitter なら TL と Twitter の内部検索でヒットするチャンスがあるので検索対策もしておくといい(対策例:ヒットしやすいキーワードを工夫するなど)。2023/1/16
     
  136. メルマガでリストマーケティング
    時間がかかるので複数ブログ戦略には合わないが、ひとつのブログ/ジャンルをメインで攻めるならメルマガでファンを囲い込み教育していく戦略が有効。登録者が増やすのが大変なので長期戦略で臨むべき。2023/1/16
     
  137. ポジティブマインドのほうがパフォーマンスが高い
    他人の失敗を期待したり、他人を疑うようなネガティブマインドだと人のパフォーマンスは落ちることがわかっている。自分のスキルアップなどの努力でユーザーファーストな記事が書ければうまくいくと信じて前向きに続けたほうがいい。2023/1/16
     
  138. ラクしてもうかる系は詐欺
    すぐ稼げる、必ず稼げるがうたい文句のコンサルやセミナーは詐欺率が高い。詐欺でない真面目なもので初心者にはオーバースペックなのでおすすめではない。ネットの無料情報や本で同等以上の情報が手に入る。使うなら月5千円以下くらいのサービスから始めるとよい。2023/1/16
     
  139. 自分にスキルがないと記事の外注はムリ
    画像や動画編集ならいいが、記事やサイト構築などは自分にスキルがないと善し悪しが判断できないので外注で利益を上げるのは難しい。まずはスキルアップにはげむべき。2023/1/16
     
  140. ノウハウコレクターになるな
    ノウハウは知っているだけでは意味がないので使えそうなものはどんどんブログに活かしていくべき。先に全部のノウハウを知ってから最善のノウハウを選ぶようなやり方だといつまでたっても作業が始まらないのでダメ。ノウハウ収集と利用は並行して行うべき。多くの人に足りないのはノウハウよりも行動力。2023/1/16
     

 

おことわり
  • ランキングで重要度を示していますが、初心者や上級者など見る人のレベルで重要度は変わります。この記事は初心者から中級者向けの評価になっています。
  • ブログはスモールビジネスなのでブログとは関連が弱いビジネス系ノウハウやマインドも含まれています。
  • 抽象度が違うだけの似たノウハウが別々に扱われていることもあります。いずれ整理していきますが、さしあたり重要度を優先した結果そうなっているのでご容赦ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました