Google検索アルゴリズムとは:基本と対策(初心者向けSEO)

検索画面イラスト SEO

Googleの検索結果はアルゴリズム(課題/目的達成の方法)と呼ばれるコンピューターによる機械的な内部手続きで行われています。

Googleは膨大なユーザーの検索動向データなども保存していてそれらのビッグデータを分析することで目的を達成する精度を日々高めています。

それのルールを理解してそれに合わせた記事作りをすることで検索上位を狙うのがコンテンツ制作者にとってのSEOです。

SEOにはルールがほぼはっきりしているものとよく分からないもの、あるいは今後も変わっていくものがあるので注意してください。

Googleの細かいルールはブラックボックスなので予想して試していくしかありません。

↓長文なので目次からどうぞ

Googleアルゴリズムの基本

検索結果を表示するためのルールや判断基準を理解しましょう。

アルゴリズムとは目的達成や解決手段のことです。

Google検索が結果表示のために行う手段このとで、たくさんある記事の評価や判断基準のことをGoogle(検索)アルゴリズムといいます。

参考 検索の仕組み 検索アルゴリズム

Google公式SEO情報:検索セントラル Google Developers(Google Search Central)

Googleが公式に出しているSEO情報です。

一通り目を通しておきましょう。

公式 検索セントラル Google Developers

オリジナルで役に立つ記事を目指そう

SEOというと細かいノウハウで検索上の評価を上げることを目指すイメージがあります。

ですが、まずは記事やサイトの質や価値を上げるべきです。

記事の価値としてGoogleが判断しているのがオリジナリティと有用性です。

E-A-T Googleはいい記事を検索結果に出したい

他の項目とかぶりますが、Googleは基本的にはよりいい記事をより早く検索結果に表示することを目指しています。

Googleは次の基準を掲げているので意識しておいたほうがいいです。

Eは専門性Expertiseで総合的な詳しさです。

Aは権威性Authoritativenessで人気や周りの評価です。つまりアクセス数で高まります。

Tは信頼性TrustWorthinessで事実が多さや嘘が少なさへの評価です。

E-A-Tを高めるにはプロになるしかないように思えるかもしれませんが、必ずしもそうではないのでアフィリ記事では独自性・網羅性を高めて差別化すべきだというのがGoogle側の主張に近い考え方です。

万人向けの教科書的な記事よりも独自視点で特化しているエッジの効いたソリッドな記事のほうがユーザーにうけがいいです。

検索 E-A-Tとは SEO

いい記事はたくさんリンクされている記事

Googleだけでなく一般的な検索エンジンは他のサイトからのリンクが多い記事をいい記事だと評価しています。

そのため昔はやたらと自分のサイトへリンクを張るのが流行りました。今はあまり意味がなくなっています。

モバイルファースト

スマホからのアクセス数がPCを上回って何年もたつので今の検索エンジンはモバイルデバイスをメインターゲットに切り替えてます。

スマホでみるときは縮小されてしまう1000ピクセルを超える画像などはあまり喜ばれなかったります。

(ブログサービスなどを使うと自動で小さいサイズの画像をシステムが作っていたりします)

大画面広告は低評価

画面いっぱいにウィンドウが出るような広告は評価が下がります。

どうしても大画面広告が出したいときは別画面に移動する途中にするサイトが増えています。

検索している人の居場所

Googleは地図上のどの地域で検索されているかを判断して検索結果を変えています。

食べ物関連なんかは隣町に移動しただけでも違う結果になる可能性があります。

地域性を考えた記事作りをしましょう。

オリジナリティを評価

オリジナルの内容がない記事は評価が下がるようになっています。

人の真似だけではダメだということです。

医療・健康記事は信ぴょう性から判断

命や健康は大事なものなので専門家以外の記事の評価を低くするようになっています。

肩書のない人がどんなに正しい医療・健康記事を書いてもGoogleはあまり相手にしないということです。

実際に専門家以外が医療・健康ジャンルで上位を狙うのはほとんど無理だとみられています。

表示速度が遅いと評価が下がる

モバイルファーストの流れで低スペック端末でもそこそこの速さで表示されないと評価が下がります。

サイトのアクセス数に見合った性能のサーバーを使ったり、無駄な画像やスクリプトを減らすのもいいです。

スマッシュヒットよりもロングセラー

GoogleがAIで信頼性を判断している影響かと思います。

記事は少ないが各記事のアクセス数が多いサイトと、そこそこの記事がたくさんあるサイトでは、そこそこの記事がたくさんあるほうが有利なようです。

記事の質と同時に作者も評価しているせいだろうと思います。作者の評価を上げるのには時間がかかります。

始めたばかりのブログでは、がんばって価値のある記事を書いてもすぐに検索上位になるようなことは期待できません。気長にがんばりましょう。

記事の滞在(閲覧)時間と検索結果

検索結果にある自分の記事が読者の最後の閲覧記事となると評価が上がります。

Googleは、読者が検索結果から記事を見て、また検索結果に戻ってまた別の記事を見る、というユーザーの操作を分析しています。

検索結果から記事を見てそこで次に同じ検索結果から別の記事を見なかったとします。

そうするとその記事が読者の疑問を解消したと判断され高評価になります。

記事が見られてもすぐに検索画面にも戻ると、そこ記事は価値のない記事だと判断されます。

数秒などあまりにも記事の滞在時間が短いと低評価につながります。

メタデータのキーワードは設定したほうが無難?

HTMLのメタキーワードはGoogleの公式アナウンスでは無視していることになっています。(将来使う可能性があるとも言っています)

ですから、設定する必要はないというのがSEO的な解釈です。

サイトを複数人で開発するときに他の人に分かりやすくするために設定しておくくらいしか使い道がないとされています。

今のネットの世界ではこのGoogleアナウンスを知らない人でそのままにしている人、普通に設定している人、使うのとやめた人に分かれるかと思います。

使うメリットはサイトの共同開発以外でもGoogle系ではない検索エンジン用に残しておくためというのがあります。

一応、設定しておいたほうが無難です。

裏の予想としては、Googleは将来的に使う可能性があるといっているので、秘密で参考にしている可能性も考えられます。

Googleの態度としては使うのをやめたのではなく、今は使っていないが将来的のために使い道を探す努力はしているとも解釈できます。

そもそもGoogleがキーワード設定を無視するようになった理由はキーワード設定を悪用してキーワードと記事内容がサイトが増えてキーワード設定が本来の機能を果たさなくなるという問題が起きたせいです。

今のようにキーワードを無視しているとアナウンスしておけば悪用する人は減り、また有効活用出来る状態に近づいていくと考えているかもしれません。

少なくともキーワードと記事内容の関連性を機械的に調べることは出来るので、これをその記事やサイトの価値評価に利用することは出来ます。

とういことで、キーワードは隠れて参考にしている可能性と、将来的に普通に参考にするようになる可能性、Google系以外のエンジンが参考にしている可能性などから、普通にちゃんと設定しておいたほうが無難です。

私の予想では、Googleは通信の負荷が増えるから削除しろなどとは言ってないので、やはり何かしらの使い道を考えているか本当は裏で参考にしているのではないかと思います。

とはいえ、SEO的には大きな違いがないことが知られているので、念のための保険程度の意味合いになります。

SEOチェックリスト 出来ればやっておきたい対応

SEOで確認すべき項目は分類の仕方にもよりますが100や200はあるかと思います。

いきなり全部対応するのはムリなのでなるべく効果の高い(影響の大きい)ものから少しずつ対応していくのが基本路線です。

下のほうには簡単な用語説明も付けてあります。

いずれはチェック項目を増やして別記事にして優先順位をつけたいと思っていますが、まだ少ししか項目がありません。

しばらくは参考サイトのほうを各自で確認してください。

SEO参考サイト

バズ部

海外SEO情報ブログ

YMYL

YMYL(Your Moeny Your Life の略)ジャンルというGoogleが分類している健康・医療・保険・経済・社会などの人生に重要なジャンルで情報発信者の専門性や権威性を優先するというものがあります。

SEOではありますがジャンルやテーマ選びのときに気を付けないといけないことです。

ひとつのサイトにYMYLジャンルとその他のジャンルを混ぜてしまうとYMYLが優先される恐れがあります。

たとえば1記事だけアダルト関連のキーワードが入った記事があっただけでアダルトサイトと判断されてしまう恐れがあります。

専門家・評論家などの肩書のない人がYMYLジャンルを扱ってはいけないということはありません。

ですが、扱うならYMYL系記事となるべく厳密に分けたほうが有利なので別サイトにしたほうが無難です。(2021/4/14)

参考 YMYLコンテンツと非YMYLコンテンツを1つのサイトで混ぜて公開すべきでない、Googleのアルゴリズムが判断に迷う 海外SEO情報ブログ 2021/4/13

リンク nofollow 設定

html のメタタグでページ全体や各リンクにリンクをたどらないように指示する設定です。

そのページやリンク先にSEO効果を与えないために使います。

主に設定すべきなのはコメント入力欄などで、悪用を防ぐためです。(コメントにURLを貼って被リンクを増やすブラックハットSEO対策)

テキスト広告などの有料リンクもお金でリンクを買う行為がペナルティ対象となります。

アフィリのテキスト広告もSEO的にはペナルティ対象となります。

ですが、A8ネットのリンクを見たらちゃんと nofollow 設定が入っていたので他のASPも対応済みのはずです。

リンク先のLPの検索順位が上がると相対的にアフィリ記事の価値が下がるのでこの意味でもLPにSEO効果を与えるメリットはありません。

ですが、LPへのリンクは基本的には改変禁止なことが多いので勝手に nofollow 設定を追加してしまうのは問題があります。

まだ確認できていませんが予想を書いておきます。

ASP経由で nofollow 設定がないことのデメリットを説明して企業側に設定してらもうというのが筋です。

メリットしかないので理解されれば全リンクに付けてくれるはずです。

ということで、アフィリエイターが自分で追加しても怒られるようなことはないだろうと思います。

アフィリ広告リンクに設定するのはあくまで自己責任でお願いしますが書き方は次の通りです。

各リンクの例:<a href=”https://xxx.com/xxx.html” rel=”nofollow”>

ページ全体:htmlヘッダーに<meta name=”robots” content=”nofollow” />を追加

WordPressだと各リンクはコードエディターに切り替えてアンカー(a)タグに追加します。

ページ全体はヘッダーを編集する必要があるのでよく分からない人には少し難しいかもしれません。

ヘッダーを編集できるプラグインを使うと楽だろうと思います。

参考 nofollowの使い方 – バズ部

コラム:ライバルサイトへのリンクに全部 nofollow 設定すれば相対的に自分のサイトが有利になる?

相手の評価が上がらないので理論上は相対的に少しだけ自サイトが有利になります。

ですが、それをやっているのが周りにバレると「ひどい奴だ」と道義的に非難される恐れがあります。

SEOは自サイトの検索順位を上げるのが目の前の目標なのでそれでもよさそうに思う人もいるかもしれません。

ですが、SEOの本来の目的は検索エンジンに対して最適な状態を目指すことです。

検索エンジンが望むことは、具体的にはユーザーが求めるいいページを検索結果に表示するということです。

nofollow でライバルすべてにSEO効果を与えないようにしてしまうことは、検索エンジンの本来の目的に反しています。

そのためみんなが nofollow でライバル対策を始めてしまうようになると、いつかペナルティを受ける対象となる恐れがあります。

SEOで迷ったときは検索エンジンにとってどうするのが望ましいことか考えて対処していくのが有効な長期戦略となります。

nofollow 設定の乱用はやめていいサイトには普通にリンクをはっていきましょう。

たまに明らかにあのページの内容が情報元なのにリンクがはっていないということがあります。

それくらいのことは詳しい人には分かってしまうのでけっこうみっともないことだと思います。

実はGoogleは文章の無断転載をアルゴリズムで自動チェックしていてペナルティを与えています。

オリジナルをそのままコピペして使っているとサイトの信頼性が落ちる要因になります。

やっぱり自分が情報元にしたようないいサイトにはそのお礼の意味も込めてちゃんとリンクをはってSEO効果をあげたほうがいいです。

そもそもコソコソ隠れて人の手柄を自分の手柄かのように演出している人がその人を超えることは出来ないだろうと思います。

無駄な悪あがきに終わるでしょう。

canonical(カノニカル)タグの設定

「これは設定すべきか」と思ったのですが、WordPressで普通に記事を書いている人のにはあまり影響がないので後回しでいいです。

強いて言うならAMPの仕様変更や各サービスでの対応が変わったときには必要になってくるかもしれません。

AMPはスマホ表示を高速化する仕組みでGoogleが推奨してますが不具合も出ているのでなくなるか仕様変更になるかもしれません。

それに長期的に見ればWordPressやGoogle側が対応するようになる可能性があるので必要がなくなる可能性もあります。

パーマリンクを後から設定・変更してページのURLが変わったときはcanonicalタグではなく301リダイレクトを設定して評価を引き継ぐようにするとそれまでの成果が無駄にならないのでリダイレクトを使ったほうがいいです。

URLを変更したときは301リダイレクトの設定をしておきましょう。

ページを表示するときのURLはwwwやindex.htmlを省略したり、httpをhttpsに読み替えたりするのは自動で対応するようになっているのですが、これはサーバー側で処理していて.htaccessファイルで設定されています。

ちゃんと設定されていないと検索エンジンがそれぞれ別ページと判断してしまうので評価が分散されてしまいます。

WordPressを使っている人はレンタルサーバーを使っているはずなので自分でサーバーにある.htaccessファイルを直接編集したり、サーバー管理画面から編集できます。

まともなレンタルサーバーならちゃんと設定されているはずですが10年前に契約してそのまま設定を確認していないような場合は少し不安が残るので自分で.htaccessの中身を確認しておいたほうがいいです。

.htaccessはサーバー内のファイルなのでWordPressの機能のように自動編集するプラグインはありません。(そもそもWordPressプラグインはWordPressの拡張機能なので他には使えないし存在しない)

管理画面から編集するにしても自分で編集するしかないのですが素人が下手にいじると危ないです。

編集するときはよく注意するようにしてください。

前置きが長くなりましたが、ここからがcanonicalタグの話です。

基本的にはURLが違っても同じページだと検索エンジンなどに伝えるのがcanonicalタグの役割です。

同じページだけどPCとスマホでデザインを変えたいので別URLにしているときやAMPで表示をを切り分けているときなどに別ページと判断されることがあります。

マスコミなどのアクセスアップが目的のサイトで1ページを複数に分けていることがありますが、この評価を最初のページに集中させる使い方もできます。(※これはGoogle非推奨なので将来的にペナルティが増える恐れがあるので個人サイトではやめておいたほうが無難)

canonicalタグで同じページ(URL)扱いにしておけばSEO評価を同じページに集中させられるので評価を上げやすくなります。

WordPressでも対応していますが間違ったタグを設定してしまうことがあるのでプラグインなどで修正します。

やり方は更新頻度が高めのプラグインを使うのが無難です。

自分でphpファイルを編集するとWordPressやテーマ側の設定が更新されたときに修正する必要が出てくる恐れがあるからです。

WordPressやテーマが更新されたときの内容を毎回ちゃんと確認すれば気付けるはずですが、そもそもcanonicalタグを設定したことを忘れてしまう恐れもあるので危ないです。

まとめ
  • canonicalタグは多くの人は変更しなくていい
  • 先にリダイレクトや.htaccessについて理解しておいたほうがいい

この項目の用語説明

[SEO効果] 検索エンジンからの評価が上がりSEO上有利になる効果のこと。

[LP] ランディングページの略でアフィリでは主に広告主の登録や購入ページのこと。

[クローラー] 検索エンジンのウェブページをチェックプログラムのこと。主にGoogleの検索クローラーのこと。

まとめ 読者の課題解決・目的達成に役立つ記事を書こう

SEOだけで記事やサイトの評価を上げるには限界があります。

このページの内容を踏まえて記事の質を上げる努力をしましょう。

いい記事やコンテンツとは、課題解決・不安解消に役立ち、専門性・信頼性・オリジナリティのあるものです。

これを目指していきましょう。

まずはそのテーマやジャンルに詳しくなることが大切です。

ここがスタートなのでこれができないと何も始まりません。

・補足

ネットコンテンツは大きく分けてエンタメ系と情報系があります。

ネットには娯楽と実利が提供されていてユーザーはそれを求めているということですね。

今回はエンタメ系についてはふれていません。

難しいでしょうがエンタメなので面白さを追求すればいいはずです。

エンタメと情報を混ぜても面白そうです。

SEO関連記事

関連 記事品質とSEOでチェックすべきこと

関連 ブログ/サイト運用 更新/調査/マーケティングを継続

関連 ツール活用【ブログ分析/運用編】:クエリと検索順位に注目

Top Page アフィリトップに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました