記事品質とSEOでチェックすべきこと

指さし確認のイラスト アフィリメモ(成長戦略)

確認すべきことはたくさんあるので自分用に自分が必要だと思うリストを作っていくのがおすすめです。

ここでは私がこれは押さえておいたほうがいいというのを紹介しておきます。

それ以外のポイントは参考リンクのほうでチェックしておいてください。

SEOの基本

SEOは単に検索順位を上げることだと思われがちですが、それは結果表示までの話です。

結果に表示された後はその中から検索者に選ばれることがSEOであり、さらには記事の満足度を高めるためまでの一連の取り組みがSEOだと考えるべきです。

記事の満足度は記事の閲覧時間を十分なものにしたり、SNSでのシェアや被リンク、ブックマークなどにつながりそれらがまたSEO評価をプラスする方向でフィードバックされていくからです。

実際にSEOに関すると見られているルールは1000個はあるのではないかと言われています。

そのためネットでは一番奥深いジャンルのひとつと言えます。

SEOルールを処理するのは主にGoogleの検索アルゴリズムがです。

このアルゴリズムは定期的にアップデート(更新)されてい、大きな変更がると検索結果にも大きな影響が出ます。

またアプデで圏外に飛ばされたぞ!

このアプデがアップデートのことで、圏外というのは主にGoogle検索結果100位以下で結果表示の圏外になっているという意味です。

圏外だと順位が分からないので記事を更新してもそれが良かったのか悪かったのか評価が分からず難しい運用を迫られることになります。

アップデートは不定期ですが数カ月に1回くらいのペースで行われているので、一度圏外に飛ばされても次のアップデートでまた元に戻る可能性もあります。

それで完全に終わったというほど絶望的な状況とも言い切れません。

基本的にはユーザーにとって価値のあるサイトが選ばれ上位表示される仕組みなので品質の高い記事を作り続けることを意識したほうがいいです。

圏外になったからといってあせってSNSでの宣伝を増やしてもあまり効果は見込めませんので新記事を書くか、今現在順位の高い記事を更新していったほうがうまくいきやすいはずです。

SEOは細かいルールを覚えるよりも本質的な検索者の指示や記事の満足度を高めることだと理解しておいたほうがいいです。

有名なルールはEATやYMYLなどは自然に理解できると思います。

ですが、それ以外にも注意すべきことがあります。

業界的にはバズ部あたりが基本なのでバズ部の記事はなるべく全部に目を通しておいたほうがいいです。(※内容は企業サイト向け)

関連 Google検索アルゴリズムとは:基本と対策(初心者向けSEO)

参考 バズ部

ページの表示確認はスマホとChrome

GoogleクローラーがChrome最新版を使っているとGoogleが公表しているので、スマホ・PCともにこれに合わせるのが無難です。

他のブラウザでは問題なくてもChromeでエラーになったせいで評価(検索順位)が下がるという可能性は十分考えられます。

とはいえ、SEO評価を上げるほどの効果はないでしょうから保険のような対応になります。(2021/6/13)

参考 Google 検索の仕組み 検索セントラル Google Developers

対策の基本:必ず読んで欲しい記事より

先に紹介したバズ部もすすめている「SEO検索エンジン最適化」の「必ず読んで欲しい記事」を読むことをおすすめします。

よい内容なのでここにもいくつかポイントを挙げておきます。

Googleも言っていますがSEOもContents is kingです。

検索エンジンですからユーザーの検索意図に応えるのが一番大切だということです。

あるテーマ・ジャンルでトップクラスの高品質であればアクセスは集まるので細かいSEOルールの影響はあまり受けなくなります。

そのテーマ・ジャンルで誰もが知るようなサイトになれば誰も知らない情報や優れた分析など価値ある情報があるはずなのでキーワード選定などは気にしなくてもよくなります。

アクセスさえあれば結果的にインフルエンサーがGoogleアップデートの影響をあまり受けないのと同じ状況になります。

ですが、多くの人はそこまで上り詰めることが出来ないのでSEOで工夫しながら上を目指していきましょう。

参考 必ず読んで欲しい記事 | SEO検索エンジン最適化 自分で実施するためのSEO情報 (※こちらも基本は企業サイト向けの内容でアフィリだと特化サイトでLPも自作するイメージに近い)

検索目的は情報探しが8割

ユーザーが検索するのは主に情報探しが目的で、それ以外の10%がサイトやSNSアカウント探し、5%が商品選びくらいのイメージです。

商標ペラサイトなどの小規模サイト以外では、よりよい情報提供をすることで潜在顧客を集め見込み客に成長してもらうという戦略をとったほうが効率的です。

LP(ランディングページ)の質を高めてもLPの成約率が上がるだけサイト全体の評価が上がりにくくなるので、検索意図に適切に応えるページで多く作ることが大切だということです。

ASPアフィリではLPは自作せず企業の物を使うことが前提になっています。

商標記事であっても情報探しのための検索クエリにヒットさせることを前提にしていてLPは自作しないのですが、自分が提案する商品のLPの質も確認しある程度評価できる力は養っておいた方がいいです。

LPの鑑定眼も高めておきましょうということです。

マイナスをゼロではなくゼロをプラスに変える施策をすべき

知らず知らずのうちに完璧主義におちいってしまいどう見ても検索順位が上がる見込みのない記事まで残さず丁寧に更新してしまい時間を奪われてしまうことがあります。

気持ちは分かりますが記事の評価は順位を見れば明らかでもう結果は出ています。

残念なこととは思いますが更新するなら最低限のところで我慢するかスッパリあきらめて放置するか公開停止してしまったほうがいいです。

そのほうがより見込みの高い記事に時間をかけることが出来てより多くの収益を見込めるからです。

趣味のコラムなどではなくビジネスなのでそこは利益優先で割り切っていかないと収益アップの妨げになってしまいます。

趣味の記事は別のブログで書いたり、そちらに移してしまってもいいです。

これは記事作成だけでなくすべての作業に共通することです。

人の作業速度というのは有能な人でもそうでなくても実はそれほど大きな違いはありません。

ある程度やり方が分かっていて無駄が省かれた状態で同じことをしようとすれば誰でも同じくらいの時間がかかります。

ですから、何かを早く達成するには無駄なことをどれだけ省けるか、ショートカットできるかということが重要になります。

参考 必ず読んで欲しい記事 | SEO検索エンジン最適化 自分で実施するためのSEO情報

アクセス数と検索順位 SEO評価はサイト初公開後3ヵ月でだいたい決まる

SEOは検索エンジン最適化という意味ですが主にGoogle検索結果となる表示順位のことだと理解しておけば大丈夫です。

Googleからの細かい評価はサチコでトップページや各記事の評価を見れば分かります。

初公開というのはブログやサイトの最初の1記事目を公開してからという意味です。

それがだいたい3ヵ月経つとアクセス数や順位変動が落ち着き、その時点でのおおむねの評価が定まるのでそこからまた更新して上位表示を狙っていきます。

3ヵ月はサイト全体に対するおおよその目安に過ぎません。

物凄くいい記事でアクセスが集中すればもっと早く評価されるでしょうし、アクセスがほぼゼロの記事しかないサイトではそれ以前のキーワード選定やタイトル決めのレベルから見直さないといけません。

キーワードにもよりますが、私が確認した範囲では15位くらいから下はある程度無作為に入れ替えられているようです。

ですから、キーワード選定や記事の質が一定以上のものであれば順位が付かないということは考えにくいです。

そのあたりはちゃんと評価されているようにみえます。

月間アクセス数が数件しかないと正しい順位にならないのでまずはアクセス数の稼げるいい記事作りを目指しましょう。

アプデで圏外に飛ばされるという話がありますが、ライバルの多すぎるジャンルだとちょっとした仕様変更で大きな違いが出てしまうということかもしれません。

Googleには上位100記事しか表示されませんが、キーワードによっては上位300記事がしのぎを削っているようなこともあるでしょうから、そういう激戦区ではちょっとした違いで検索順位という見た目が大きく変わってしまうことも考えられます。

新規公開記事の順位とアクセスの変化

次の図はブログ開設から4ヵ月後に新たに公開した記事のアクセス数や順位変動を示したものです。

記事公開3ヵ月のアクセス/順位の変化

これは私の記事のサチコの分析データですが、3月1日に公開して約3ヵ月後の5月30日に確認したものです。

オレンジ色の検索順位は約2週間でついて1ヶ月目くらいで安定していきました。

アクセスというかGoogle検索上でのクリック数になりますが、最初の1カ月では10クリックくらいしかないのが徐々に増えていき合計で141クリックまでいきました。

このクエリはライバルも需要も少ないのですが、このまま月50アクセスペースが続けば2か月で100アクセスとなり成約率2%なら毎月、成約率1%なら2か月で1回売れる計算となりギリギリ収益化できそうなペースです。

この記事は雑記の趣味の記事ですが結果的に商標が入った記事になっていました。

記事としては2カ月目くらいから何回も更新しいますが順位はほとんど変わりませんでした。

この図では2週間くらいで順位がついてアクセスが徐々に増えていく点に注目してください。

このデータを見た限りでは、順位がつくのに2週間、順位安定に1ヶ月、そこからGoogle検索での表示回数とクリック数が増えていき1ヵ月くらいで安定していきます。

最初にこの記事の変化に気が付いたときは、また記事の各記事のアクセス数が20以下の頃で、統計で閲覧数が60回になっていて、順位も17位だったので驚いたものです。

データをよく調べると最初の1クリックで9位になっていたのでGoogleの順位判定もけっこう大雑把なことが分かります。

いわゆるGoogleハネムーンの影響かもしれません。

ハネムーンはともかく、順位が先に安定して、その後アクセスが少しずつ増えていっているのが分かってもらえたかと思います。

サイトは開設後3ヵ月、記事も初公開から1ヶ月は評価されなくても気にせずいいものを公開していけば大丈夫です。

関連 ツール活用【ブログ分析/運用編】勘(カン)ではなくSEO評価を元に対応(ツール説明&リンク集)

ツールを使ったSEO評価の確認

関連 ツール活用【ブログ分析/運用編】勘(カン)ではなくSEO評価を元に対応(ツール説明&リンク集)

関連 ツール活用【調査編】データを調べながらどうするか決めよう(ツール説明&リンク集)

関連 ツール活用【基本編 】確かなデータを元に作業を進めなければ意味がない

関連 Google検索アルゴリズムとは:基本と対策(初心者向けSEO)

SEOの参考

参考 バズ部

参考 SEO検索エンジン最適化 自分で実施するためのSEO情報 必ず読んでほしい記事参照

検索 記事品質 SEO チェックリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました